防音室アビテックス

防音設備のご相談

防音設備 音のヤマハの防音室「アビテックス」

気兼ねなく思いのままに楽器を練習できる防音室。しかし外部への音を遮断しただけでは、楽器本来の音色は楽しめません。
演奏者にとって忘れてはならないこと、それはすぐれた音空間<音場>。
ヤマハは、これまで数多くのコンサートホールやスタジオの設計を手がけてきました。
自然で美しく豊な響きを生み出すための音場設計、そのノウハウが、ヤマハ防音室「アビテックス」にもフルに生かされています。

ヤマハ防音室「アビテックス」は、遮音はもちろん、小空間の防音工事で起こりがちな、音の歪みを解消し、
楽器演奏に理想的な吸音率にチューニングされています。楽器の音がクリアに聴こえ、長時間練習しても耳が疲れません。
お部屋の形状にあわせてつくる「自由設計」、移設可能な「定型タイプ」、そして不燃対応可能な「業務用」と、お客様のニーズに合わせたラインナップをご用意しています。

ヤマハ防音室「アビテックス」の特長

1.すぐれた防音効果

音は空気の伝わりと床や壁からの振動によって伝わります。「アビテックス」は、床・壁・天井に独自の技術をとり入れることで、すぐれた防音性能を確保。用途に合わせてDr-30(自由設計AFEのみ)、Dr-35、Dr-40の3つの遮音性能から選べます。(Drは遮音性能を表す単位で、数字が大きいほど性能が高くなります)

■アビテックスの防音技術
◎固体伝搬音制御パネル:パネル内部に防振材を効果的に取り付けること、およびパネルの中心部から芯材を取り除くことにより、固体伝搬音を制御します。
◎トータール振動カットシステム:パネル内部に吸音材を効果的に配置し、遮音パネルの振動を制御します。

2.楽器練習に最適な音場

防音室で楽器を演奏する場合、音が響きすぎれば「聴き疲れ」の原因に、響きが足りなければ音が生きて聴こえません。「アビテックス」は、防音室の広さに応じて、楽器演奏に理想的な平均吸音率を実現します。楽器の音がクリアに聴こえるので、気持ちよく演奏ができます。

3.ニーズにあわせたラインナップ

お客様の用途にあわせて、さまざまな広さと仕様をご用意しています。
○定型タイプ・・・管・弦・声楽からグランドピアノまで、省スペースながら快適に練習できるユニット型防音室。設置作業は数時間から半日、大がかりな防音工事は不要です。広さは0.8畳から4.3畳まで9種類からお選びいただけます。引っ越しの際に移設も可能です。
○自由設計・・・・お部屋の広さ・形状にあわせてオーダー設計できる防音室。0.5畳~30畳まで対応可能。スペースを無駄にしないので、レッスン等に最適です。ご新築の方にもおすすめです。

ヤマハ防音室の詳細についてはこちらから